減塩って高血圧に効果あるの!?

R0025274-1024.jpg

巷には高血圧対策ということで、減塩商品がたくさん出回っている。
減塩醤油や減塩味噌、中にはナトリウム量50%カットの"減塩塩"もある。

でも、減塩って、本当に高血圧に効くのだろうか…

答えはノー。多くの高血圧患者を治してこられた甲田光雄先生曰く:
「塩分摂取量を減らしても血圧は下がらない。むしろ積極的に摂るべき」

母親もそうだったが、私の親戚には高血圧の人が多かった。
だから毎日薬を飲んで血圧を抑え、食事は減塩を心がけて…
という光景を普通に見てきたし、そういうものだと思っていた。

でも、甲田式健康法を実践し、先生の本を読むにつれ、考えが変わった。

高血圧の薬は、あくまでも症状を抑えるためのもの。
根本的に治すには、食事療法しかない。しかも、減塩などせずに…

実は、まったく同じことが糖尿病にも言える。
インシュリン投与は、あくまでも症状を抑えるためのもの。
根本的に治すには、やはり食事療法が一番なのだ。(by 甲田先生)

詳しくは甲田光雄先生の書物を読んでほしいが、具体的には玄米生菜食。

・粉に挽いた玄米を主食とし、あとは生野菜や豆腐中心の食生活をする
・柿の葉茶を中心に、1日1~1.5リットルの水分と8~10gの塩分を摂る
・朝食は食べない、食中と食後3時間は水分を摂らない…

…と、私も1年半実践しているが、慣れれば意外と長続きできるものだ。
しかも、持病が治るのなら、食生活をガラリと変えても苦ではないはず。

ちなみに、塩分8gというのは、味噌なら80g、醤油なら50ccくらい。
(食品表示に良く書かれているナトリウム換算だと3150mg)

だから、玄米生菜食をきちんと実践できるなら、減塩は無意味。
私は冷奴や納豆なんかに味噌や醤油をガンガン使って食べているが…
血圧は、いわゆる平常値の範囲内をずっとキープしている。
(補足:ガンガン=塩分8~10gのことw)

根本的な治療にならない西洋医学や、根拠に乏しい現代栄養学。

そうしたモノに頼る生活自体、我々は改善すべきではないだろうか…

[糖尿病は朝食を抜けば治る]
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/iryou/iryou192tounyoubyou.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

フランク

Author:フランク
多摩生まれの多摩育ちで、三宅島が第二の故郷で、カリフォルニアが第三の故郷のフランクです。
徒然なるままに…(最近は、サンプラザ中野くんも実践している「甲田式健康法」と、カブスカウトの指導者として、団/隊のイベントに参加することに生き甲斐を感じる日々です)

【趣味】スポーツ観戦(プロレス/F1/WRC/MLB/WJBL), 音楽(John Lennon/The Beatles), 料理, グルメ, お酒, ドライブ, 旅行, マンガ
【職業】IT関係
【好きな有名人】John Lennon, 勝海舟, 志村けん
【好きな言葉】果報は寝て待て, 一期一会
【好きなブランド】MAZDA, EPIPHONE, GIBSON

リンク
カテゴリ